ユネスタ キューブ 使えない

ユネスタ キューブが使えない人がいる?

フットマッサージ器だけでなくオットマンやスツールとしても使うことができるユネスタ キューブは、インテリアになじむのでお部屋の雰囲気を台無しにしたくないけれども、足の疲れを取りたいという方には嬉しいマッサージ器となっています。

 

自宅にいても本格的なマッサージを体験することができるので、一台あるだけで生活が豊かになっていきますが、注意しなければならないこともあるのですよ。

 

それは「人によっては使えない人がいる」ということ。

 

どういうことかというと、ユネスタ キューブには使用可能サイズというものがあり、足のサイズが29cm以下、ふくらはぎの周囲が45cm以下の人でないと脚が入らないのですね。

 

つまり、身体が大きい人だとマッサージを体験することができないということになるので、使えない人が出てくるということになります。

 

せっかくユネスタ キューブを購入してもマッサージを体験できなければ意味がありませんから、体格が良い人や太っている人は事前に足のサイズやふくらはぎの周囲を確認しておきましょう。

 

ちなみに、ユネスタ キューブはオットマンとしても使えますが、安全使用荷重は90kg以下となっています。

 

なので体重が90kg以上の方はオットマンとして脚を乗っけることはできますが、直接座ることはできないので注意してくださいね。高いところにある荷物を取ろうとして乗ってしまって壊してしまうなんて可能性もありますから、体重が重い人はオットマンとして使うときも気を付けましょう。

使用時間にも気を付けよう!

ユネスタ キューブには使用可能サイズや安全使用荷重があるのでガタイの良い人や体重が重い人は使えない場合もありますが、一般的な体型をしている人でもユネスタ キューブを使用するときは気を付けないといけないことがありますよ。

 

特に気を付けて欲しいのが使用時間。

 

実はユネスタ キューブにはタイマー機能がついていて15分使用したら自動で電源がOFFになります。

 

1日1セット(15分)が使用時間の目安となっていて、その時間使用すれば脚はスッキリするのですが、中には「もっとマッサージしてほしい!」と思う人もいるかもしれません。

 

その時には連続して使いたくなりますが、ユネスタ キューブの連続使用は控えることをおすすめします。

 

というのも、連続して使用するとモーターが故障してしまう可能性も出てきてしまうからなのですね。

 

なので、使用するときは1日1セットを目安にして、どうしても1日に2回以上使用したい場合は間隔をあけてから使う用にしましょう。最低でも15分以上は間をあけてから使うことで故障する原因を防ぐことができますよ。

 

マッサージは必要以上に行ってしまうと揉み返しと言って、筋繊維を傷つけてしまって逆に筋肉痛のような症状を引き起こしてしまうこともあります。

 

必要以上の施術は逆に身体に悪い場合がありますから、まずは15分使ってみること。それでも物足りなさを感じるようであれば、少し時間を空けたり、朝と晩の1日2回の使用にするなどの工夫をしてみましょう。

page top